アンフィニカスタムワークスNEWSお得情報、お勧め商品情報など随時お知らせしていきます

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
NANOVERB 2 入荷しました! 11:36
0
     こんなpくとなリバーブとして人気の高かったALESIS NANOVERBが廃盤になって
    入手困難で残念なことになっていましたが、新たにNANOVERB2となってリニューアル





    基本的な操作、機能はNANOVERBより引き継がれていますので違和感はありません。
    元々LEXICON LXP-1の操作性を引き継いだ製品のためLXP-1と同じ操作感ですね。

    サイズは先代NANOVERBとひかくして少し大型化しました。
    ですが筐体が先代のスチールからアルミ素材に変わりましたので重量はそれほど
    増加していないのは良い部分です。
    パネルも先代の樹脂製からアルミパネルに変わり一昔前のローランドの
    ハーフラックエフェクタを思い出させる外観です。

    横幅は197mmとLXICON LXOP-1よりほんのわずか小さいぐらいで
    PM-200efのうえに乗せるとぴったりのサイズです。

    先代との比較はこんな感じ



    LXP-1も入れた比較はこんな感じ



    残念なのはラックマウントの仕方。
    LXP-1のようにボトムパネルにねじ穴がないので単体でラックマウントパネルへの固定が
    出来なくなっています。
    ラックマウントはボディ左右に取り付ける専用のアダプターを使用してのマウントですね。

    サウンド面は先代と同じキャラクターですがジャギーはすっきりと治まっています。
    もちろん価格を考えると全くないとは言い切れないのですがライブ用や宅録用途では
    不満も少ないでしょう。

    少し残念な部分としてはNANOVERBはプリディレイが各モードで固定のため深い
    プリディレイがかけられないと言うこと。

    これは例えば岸部氏や西村歩氏の楽曲で使用する事が多いプレートの場合プリディレイは
    19msecと比較的短めなので遅れてくる反射音はあまり強調できません。

    この場合は77msecのプリディレイを持つホールなどを用いることでカバーが出来ます。
    NANOVERBシリーズはすこし金属的な響きがつきますので実はホールを選んでも
    プレットぽいサウンドが出せると言う事を利用してホールで使用して見ると良いかも
    しれません。

    そういった不満も無くはないですが、価格を考えるとあっぱれ。
    これは使える! と言える優れたリバーブです。

    アナログ感覚で何も考えずに使えるリバーブとして入門用としても、バリバリのライブ
    使用としても活用が出来ますね。

    販売価格は¥13,340(税込み)在庫有ります!
    | 製品情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by beatjams - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://news-info.enfini-customworks.com/trackback/11
    << NEW | TOP | OLD>>